金井英之ブログ

「あがり」「スピーチ」「人間関係」「コミュニケーション」の「話し方教室」    トークアンドコミュニケーションアカデミー学院長のブログです。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
悪徳企業にご用心!
 

悪徳企業にご用心!

執筆活動や講演活動などで多忙を極めておりましたのでしばらくブログのほうは休眠しておりました。しかし、先日東日本大震災のお見舞い原稿を掲載したところ私のブログの中にまったく見知らぬ話し方教室の広告と生徒募集が堂々と掲載されておりビックリしました。

そう言えば今年に入ってT&Cの事務局に苦情の電話が何本か入りました。新宿の「日本話し方スクール」で勉強したが内容があまりにも幼稚なのでガッカリした、ついては受講料を返してほしい」というものです。事務局の担当者が「私どもはT&Cでありそちらの学校とはまったく関係がありません」と答えておりましたがなぜT&Cに苦情が来るのか不思議がっていました。

ところが今その理由が分かりました。受講者の方は新宿の「日本話し方スクール」という話し方教室がT&Cの教室だと思っていたようです。T&Cのホームページでしかも学院長のプログで生徒募集をしていれば誰でも当然そう思うでしょう。

T&Cのホームページは検索率も高く、教室で勉強をされた方々の満足度にも自信をもっています。それを当て込んで他人の家に土足で踏み込んで金品を持ち出そうとする行為は「振り込め詐欺」以下の卑劣極まりない犯罪です。

明言しますが、新宿にある「日本話し方スクール」という話し方教室及び早川某なる主催者はT&Cとはいっさい関係がありませんのでお気をつけ下さい。

調査によると「日本話し方スクール」という企業は数年前に大阪から進出してきました。東京に拠点を構えるにあたり日本で一番古い話し方教室である「日本話し方センター」が5階に入っていたビルの4階の一室を借りました。それも「子供のマナー教育をする」と偽って入居しました。入居するとビル側との約束も反古にして「日本話し方センター」に紛らわしい「日本話し方スクール」という名称で話し方教室を始めたのです。しかも1階のエレベーターの入口に「話し方教室は4階です」と看板を出すようないやらしいことを平気で出来る企業です。

私が抗議のために先方の事務所に行くと平日の昼間にもかかわらず事務所は閉まっており担当者は1人もいません。電話は迂回電話で大阪の早川某の携帯にかかるようになっています。

話し方の勉強は口先の技術を勉強する所ではありません。話にはその人の人柄も性格もものの考え方もすべてが表れます。したがって上手な話し方を身につけるためにはものの考え方や性格改造をまず考えなければなりません。相手の立場に立って思いやりの精神をもつことが話し方の基本になります。

人間として幸せな人生を築く話し方、多くの人の模範となる人間を育成すべき話し方の教育機関に携わる人間がこのようなレベルの低い堕落したものの考え方でよいものでしょうか。早川某なる主催者には人にものを教える資格など微塵にも感じられません。

金儲けのためならマナーも道義も人間関係も無視した品性下劣な経営手段はほんのひと握りだと思いますが、1社、2社の姿勢が関西企業全体を印象づけてしまう結果にもなります。

先日、東日本大震災で被災された方々が死に直面しているなかで日本人の社会道徳とマナーの行き届いた行動に全世界が絶賛していることを紹介しました。しかし、その裏でこのような人間としてもっとも見苦しい一面をみてやりきれない思いと後味の悪さを感じております。

おなじ話し方教育に従事している者として「日本話し方スクール」という話し方教室の経営方針に腹が立つということ以前に情けない思いでいっぱいです。

私は話し方の講師として40年以上活動しておりますが、いままで同業他社を批判したり非難したりしたことは1回もありません。しかし、今回ばかりは善良なお客様に迷惑をかけるわけにはいきません。また、わが身に降りかかる火の粉を振り払うためにも真実を表明することにしました。

T&Cの話し方教室の精神は、社会人としての自覚をもつことです。そのためには自分の仕事に誇りをもち、親を大切にすることです。

私どもの講師はすべてその模範となることを目標として世間に恥じない活動をしています。

| - | 20:19 | comments(1) | - | ↑PAGE TOP
被災者の皆様にお見舞い申し上げます
JUGEMテーマ:日記・一般
 東日本大震災で犠牲になられた方に心よりご冥福をお祈りいたします。
そして、いま尚行方不明になっている方、我が家を津波で流され避難所で不自由な生活を強いられている方にお見舞いを申し上げます。
先月の今頃は元気に幸せな家庭生活を満喫していた方々が突然の大災害に遭遇され、人間の運命の儚さをいまさらながら感じております。
宮城沖大地震に続いて大津波、それに伴う福島原発の事故と日本は徹底的に打ちのめされました。
人間は死に直面すると往々にして本能がむき出しになることがあります。このような大災害が起きると略奪、暴動、婦女暴行、殺人、放火など劣悪犯罪が誘発されるものです。しかし、今回の大災害ではそのような事例がひとつもなかったことは世界各地から賞賛の声が送られています。日本人の礼儀正しさ、沈着冷静な行動が世界に評価されました。このような大災害のなかでの賞賛はむしろむなしさを感じますが世界中の温かな応援として心の支えを感じます。
日本人は特に「人の痛みは我が痛み」と感じ思いやりの精神が強い国民です。
私たちはいつも被災された方々の立場にたってものごとを考え、行動し1日も早く日本中が精神的に立ち直る日が来るように祈ります。
| - | 20:04 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
再開ご挨拶
 立秋とはいえ毎日うだるような暑さが続いています。
このブログもしばらくお休みをして申し訳ありませんでした。
出版社からの執筆依頼が続き立て続けに著書を上梓しましたのでブログのほうに手が回りませんでした。
私の地味なブログはあまり読んでくれている人はいないだろうと気楽な気持ちで休んでいましたが、その間にいろいろな方面の方から「ブログはどうなっているのですか」「体調がわるいのですか」と問い合わせをいただきました。
昨日も長年仕事の応援をいただいているリクルートの担当者と打ち合わせをしました。そのとき「いつも楽しみに見ていたブログが休眠中なので寂しいですよ。ぜひ再開してください」と催促されてしまいました。
現在はブログが大流行でブログを書いている人は大勢います。とても垢抜けた楽しいブログがたくさんあります。そのような中で私のブログも目を通してくれている人がいると思うと勇気が湧いてきました。
コミュニケーションの本来の姿は直接会って言葉と心の交流が大きな手段ですが、現在はメールやブログによる交流が重要視されています。いつの時代でも、どのようなコミュニケーションでも相手を思いやる精神が一番大切なことだと思います。
| - | 19:39 | comments(36) | - | ↑PAGE TOP
新しい著書のご案内
 現代人はネットやメールの普及のお蔭で見ず知らずの人とも簡単に友達になれます。
また、北海道と九州の人とも毎日のようにネットを通じて意見交換をすることが出来る時代になりました。電車に乗っていても、歩道橋を歩いているときも、喫茶店でお茶を飲んでいるときも、職場での昼休みも盛んに携帯でメールを打っている人が目立ちます。
こうして多くの人と交友関係を広げることは人生を豊かにしてとてもいいことです。
しかし、これはあくまでもネットやメールという媒体を通してのコミュニケーションです。職場でも昼食時に仲間が「食べに行こう」と誘い合うのもメールを打っている有様です。
このような現状ですから、ひとたび生身の人間どうしが相対すると必要以上に緊張し意識してしまい本来のコミュニケーションが取れない人が多いのです。
こうした背景があって、現代の若者たちはとくに会話が苦手、人間関係の構築がまったく下手な人が多いようです。
私どものT&C話し方教室にも会話力を身につけたいというビジネスマンが毎月大勢勉強に見えます。
こうした多くの人々のニーズに応えるために「あさ出版社」様より会話の本を執筆してほしい、との依頼を受けかねてから取り組んでおりました。
「どんな人とも会話がとまらず話せる本」という題名でこのたび発刊の運びとなりました。
この本は2年前に出しました「どんな人とも10秒でうちとけて話せる本」がお陰様で好評だったためにその姉妹編として書き上げたものです。3月の下旬には各書店に並びます。
年配の相手や初めて会った人とも楽しい会話を交わし、よい人間関係を深めるためにも是非ご高覧ください。
| - | 20:38 | comments(5) | - | ↑PAGE TOP
卒業記念品
栃木県に宇都宮ビジネス電子専門学校というコンピューターの専門学校があります。
設立26年目になり栃木県下では唯一最大で卒業生が東京をはじめ日本各地で活躍しています。
私はこの学校の理事長とは学校創立以前から懇意にしており設立時には私もこの学校で表現力講座という課目を設定して教鞭を持ったことがあります。
この学校の大久保理事長は大変に人間味豊かな人で生徒を家族のように可愛がっています。
毎年優秀な多くの卒業生を世に排出していますが卒業時には学校で勉強をした思い出に数々の記念品を卒業生に贈呈しています。
じつはこの卒業記念品のなかに毎年私の新しい著書を1冊必ず入れてくれています。
今年は昨年の9月にPHP研究所出版の「話し方ひとつで人生が変わる!」を卒業生に贈呈してくださいました。
私の著書が毎年この学校を卒業し新社会人となった若者たちが人生の道標として読んでもらえることはとても光栄なことであり限りない学校の配慮に感謝の気持ちでいっぱいです。
| - | 21:08 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
企業は生き物である
6〜7年ほど前まで私は西松建設の社員研修を担当していました。
新入社員から係長、課長、副部長クラスのセミナーを行いました。
富士山の見える山中湖畔にある立派な研修所です。環境のいい場所で社員の皆さんは積極的な姿勢で勉強をされました。
西松建設は会社の方針でもあり、社員教育を重要課題をして推し進めてきた企業です。
もともと西松建設は上場企業としては子会社も持たずに本業ひと筋で業績を上げてきた企業です。バブル華やかなときでも多くの企業が銀行から借りられるだけ借りて土地に手を出していたのに西松建設だけは土地に手を出すこともなく堅実経営で貫いてきた会社です。それだけに多くの会社がバブル崩壊後に借金の雪だるまとなり倒産企業も多く出ましたが西松建設だけは黒字経営を続けて信用と実績を築いた会社です。
しかし、このたび外国から無許可で金を持ち込み外為法違反で挙げられたのに端を発し裏金問題が明るみに出ました。私も西松建設の現状を非常に憂いています。
これまでの経営者や社員が長年地道に築いてきた信用も実績も一瞬にして消えてしまったのです。もとの信用と業績を取り戻すためには何十年もかかるでしょう。
会社にしても人間にしても健康状態のときは健康の有り難さを忘れがちです。健康を害して初めて有難味を知るものですが、それでは遅いのです。健康なときほど健康であることに感謝をし、この健康が続くように最新の注意を払う大切さを改めて感じました。
| - | 20:34 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
浅利慶太さんの人柄その2
前回、浅利慶太さんの人柄の素晴らしさをご紹介しました。
私がこのブログを書いたすぐ翌日浅利さんから一通の手紙をいただきました。
パーティーで初めてお目にかかったお礼と感想などの後、劇団四季のことや今年の豊富などをこと細かに書いてありました。毎日八面六臂の活躍で自分の時間も取れないような忙しい方がわざわざ私に手紙をくださったことにますます浅利さんの人柄が伝わってきました。
| - | 16:47 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
大物は謙虚です
先日ある大手出版社主催のパーティーが帝国ホテルで行われ、ご招待をいただきましたので参加しました。孔雀の間に千人近い人が集まり財界の大物といわれる人たちが集まり盛大なパーティーでした。
ゲストの有名人の方々がスピーチをされたので私は会場の一番前で聞きました。
皆さん素晴らしい話をされましたが、その中で浅利慶太さんがとても面白い話をされて思わず聞き入ってしまいました。セレモニーが終わった後で浅利さんと名刺交換をしたとき浅利さん私に言いました。
「私のスピーチのとき一番前でうなずきながら聞いてくださったり笑ってくださったのでとても話しやすかったですよ。有難うございました」
この言葉を聞いたとき私は非常にビックリしました。浅利さんは舞台演出などでも妥協を許さないとてもきびしい方だと聞いていました。ところがとてもやさしく、しかもご自分の思ったことを素直に話されたので人間浅利慶太さんの温かい人柄に触れた思いで感激しました。
私はこの日、浅利慶太さんとお目にかかったことで多くのものを勉強しました。
| - | 21:06 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
今年の仕事始め
我がT&Cは昨日6日より今年の仕事始めです。
通常は朝早くから夜は10時頃までスタッフが忙しく仕事をしているので仕事始めは世間一般より1日遅れです。
久し振りに事務所に出ると郵便受けには年賀状がは溢れるに入っています。普段、お世話になっている人たちからの心のこもった年賀状を一枚ずつ見るのはとても楽しいものです。
午後から昨年とくにセミナーや社員派遣でお世話になった企業に年始周りをしました。
夜は6時半より講師、アシスタントが全員本部の教室に集合し初顔合わせと本年の活動計画をおこないました。
100年に1度の金融危機がもたらす世界的な機器は我々教育事業にも大いに影響を及ぼしています。いまや人減らしを本格的に断行している企業は社員教育どころではありません。しかし、こういう時期だからこそ中身を見直しさらに磨きをかけるチャンスでもあります。
スタッフ一同、今年のきびしい状況を乗り越えるべく腹を引き締め誓い合いました。
T&Cは今年も大いに頑張ります。ぜひ期待してください。
| - | 19:53 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
世相を反映
元旦は午後2時頃に家内とふたりで家を出て浅草寺に初詣に行きました。
私はもう40年以上元旦は雨が降っても雪が降っても浅草寺に初詣に行っているので行かないと新年を迎えた気がしません。昔は大晦日の夜は家でテレビを観て除夜の鐘を聞くとすぐに家を出て真夜中に浅草寺で初詣をしていました。
最近は年を感じるようになり4〜5年前から元旦の昼間に行くようにしています。いつもは雷門あたりまで並んでいる行列が今年はものすごい人手でびっくりしました。雷門の前の大通りは車の通行を禁止して大通りのかなり先まで並んでいて祈祷所まで2時間以上かかりました。今までの例でいえることは不景気なときほど参拝客が多いようでしたが、今年はとくに不景気な昨今を反映してかものすごい人出でした。大相撲の力士の顔もちらほら見えましたが私どもの近くには高見盛関もいました。
毎年私は最前列の祈祷台のところまで時間をかけて行き拝む習慣がありますので今年も人ごみにもまれながら賽銭箱の真ん前で手を合わせてきました。
去年の経済景気から見て今年はすぐによくなるとは思えませんが明るく元気で一日々々を過ごせるように祈願しました。
| - | 15:03 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP